2014年10月20日

みかん(母さんの闘病・食べ物編)

141020_080805.jpgみかんの季節になりました。
母さんみかん大好きですが今は食べられません。
入院治療し始めてから、喉に刺激の強いもの、
酢の物、カレー、酸味の強い果物
、トマトなどは駄目(笑)でした。
ある日夕食に缶づめのみかんのデサートがでて
『わーみかんだ!』と喜んで食べたら
喉がヒリヒリ・・・・(笑)
看護師さんに話したら
果物も酸味だからだめなのに・・・といわれ
次の日から食事のネームカードに
「酸味・果物禁止』と書かれてしまいました(笑)
治療がおわり1年たった今でも
酢の物やカレーやケチャップやトマトで煮込んだもの
は食べられません。
酸味の少ないリンゴやバナナやカキや梨などは
少量なら食べられるようになりました。
ある朝、ぴよぴよが食べているみかんをひと房もらい
食べてみました(笑)
のど越しは普通?

最近では微炭酸のコーラーなどが飲めるようになったので
みかんは大丈夫かな~とおもいましたが
やっぱりだめでいた。『後悔先に立たず』です。

母さんはあまり好き嫌いはない方だと思いますが(汗)
入院中、治療が進むにつれて食事がだべられなくなりました。
喉の炎症もあるのですが化学治療の影響もあり
匂いがだめで青み魚の特にサバの煮魚は
お皿に乗ってくるだけでもだめだったり
食べてもすぐ戻してしまったりしていました。
『青み魚禁止』『塩分控えめ』だんだん禁止事項が増えていきました。
あれはいやこれはいやでべたべたの煮物とまずい豆腐ばかりの食事になりました。
それでも体重は入院時よりは5K減っただけでした。
退院してからは喉の炎症がひどく食べたいのに食べられない日が続き
流動食に近いものイモ粥やスープで野菜と鶏肉を煮込んだごはんやリゾット風のもの
エンシュアという大豆の栄養流動食で離乳食のようなもので
何とかお腹をいっぱいにしていました
のど越しがスムーズではないのですが
豆のかき餅を目黒不動近くのお店に
父さんに買いに行ってもらいそればっかし食べていました(笑)
半年たった3月ごろからやっと普通のごはんが食べられるいうになりました。
今でも味の濃いものはちょっとだめですが・・・・・

肥満の巨体がだんだん細くなりとうとうスリーサイズ下のがりがりに・・・・
標準体重よりはるかに下になり(笑)
母さん小学生以来の体重をキープしています

でも着るものがみんなブカブカです(笑)

posted by ぐうたら母さん at 13:14| 東京 ☀| Comment(0) | 母さん闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]