2012年02月02日

憧れのバリ島クルーズ♪(食事編)

P1010381.JPGP1010384.JPGP1010385.JPG
今回のツァーはクルーズ中はもちろん観光も全食事ついていました。
船内はメインダイニングと9階にビュッフェスタイルのレストランがあり
三食どこで何回食べてもいいのです(笑)
しかもアルコール以外の飲み物も全部無料で
朝の7時から23時半までは
コーヒーはもちろんパフェやケーキ類も食べ放題です。
プールサイドにもハンバーガーやピザなどの軽食があり
簡単にそこで済ませることも出来ます。

夕食はほとんどメインダイニングで
ツァーの人たちとテーブルが用意されているので
そこで食べました。
前菜・メイン・デザート何種類食べてもいいので
はじめは前菜にサラダともう一つ採ったりしていましたが
食べ過ぎなので3日目くらいから父さんと分けあったりしました(笑)

ツァー46名は2班に分かれていて私達のグループは
ご夫婦が4組女性6人グールプその他に男性が4人と女性2人
と母娘が一組の22人です。
添乗員さんがクルーズのベテランさんで
毎日8名ずつシャッフルして席を決めてくれて
全員で楽しめるようにしてくれました。
男の方もビールくらいしか飲まず
毎晩ワインをボトルで頼むのは母さん達だけでした(笑)

P1010365.JPG
朝食はビュッフェで気軽に食べました。
自分で選ぶのでついつい多く採りすぎ(笑)
3日目くらいから我が家の朝食程度に
全体にサラダ類を多く採るようにこころがげましたが・・・・・(爆)
('写真は2日目の朝のものです)

旅行にでるとついつい食べ過ぎるのですが
クルージングではいつでも食べられるので・・・・
ひと歩き、フィットネスで運動しては
アイスクリームやケーキに手が出てしまう母さんでした。




P1010388.JPG
私たちのツァーの他のツーリストや
全くの個人旅行の方を含めて180人の日本人が乗っていました。
船全体は2000名近く乗っていたようです。
一番多いのはオーストラリアそしてシンガポール
その次が日本人でこんなに乗るのは
日本(横浜・神戸)出港の時でもないらしく
レストランのウェイターさん達がお別れに
『贈る言葉』を歌ってくれました。

三年前に横浜・神戸寄港で上海・香港便の時に歌った曲だそうです
今回、日本語で一生懸命歌ってくれました。
みんなローマ字で書いた紙を見ながらですが
難しい曲を頑張ってくれました。
この後、担当のウェイターさんがテーブルにきて
歌ってくれました。
簡単な片言の日本語もはなせるウェイターさんが
一生懸命、話しかけてくれて勉強していました。

船のスタッフはみんなゲストに楽しんでもらおうと
一生懸命で日本人には『おはようございます』
『こんにちわ』『こんばんわ』と声をかけてくれます。
フロントにも日本人や日本語のできるスタッフがいるので
英語のできない母さんも気持ちよく?安心?して過ごせました(笑)
メインダイニングでは添乗員さんがワインの注文もしてくれたので
これまた安心で飲めました(笑)



posted by ぐうたら母さん at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憧れのバリ島クルーズ♪(クルーズ編)

P1010530.JPG1月12日深夜羽田を出発してシンガポールに早朝つきました。
寒い日本から真夏のシンガポール
32度が暖かくかんじられます(笑)
市内を何カ所jか観光して
11時半には『レジェンド・オブ・ザ・シー』に乗船です。

飛行機の搭乗と同じように厳重なセキュリティチェック
荷物も赤外線チェックを受けました。
父さんは寝酒のウィスキーを持ってくるつもりでしたが
前の日に船会社のHPでお酒の持ち込みは禁止。
乗船した人のブログから船の中で買ったウィスキーもあ
下船まで預かりにだったこととあり
さんざ迷って持って来ませんでした。
チェックが厳しかったので良かった・・・(笑)
                                 
P1010529.JPG船の中は豪華(笑)で
まずは父さんと船内探検です(笑)
毎夜ショーやマジックを上演するシアターや
ディスコやカジノやショットバー・フィットネス
サウナ・エステに図書室・カードゲームの部屋
美容室まであります
そしてロビーでは毎夜いろいろなジャンルの生演奏♪
上を向いて歩こうや川の流れのようにも演奏していました。
ワルツやタンゴの曲になると
外国人の老カップルがダンスを楽しんでいました。
ディスコ音楽になると老若男女で盛り上がります
母さんもYMCAの時ははじっこで盛り上がっていました(笑)


昼間は9階のデッキにあるプールで泳いだり
10階にあるウォーキングコース脇にある
良く解らない(笑)カーリングのようなゲームを楽しみ
パターゴルフのミニコースを楽しんだりしていました 
P1010353.JPG                                                                                  
プールは10×20mと大きくはありませんが
室内と外のプールが2つあり
父さんは二日目に外のプールサイドで
4時間近く焼き真っ赤・・・・痛そうです(笑)
そのうちにボロボロ皮がむけて無惨!
顔がどす黒くてまるで南国人みたいです。
夕食はツァーの人と同じテーブルですが
会う人に『やけましたね〜』と言われていました。
母さんは室内プールで泳いで
日焼けしないように注意していました(笑)

10階のウォーキングコースは1週400m
朝食後父さんは10週
母さんは4〜5週歩き、
その後プールで泳いだりデッキ座り本を読んだり
サウナに入っていました

はじめは二人で歩き始めますので
すっかりツァーで有名になってしまいました(笑)
年齢層が高いのでたいていはご主人だけが歩いています

ある日、ロッククライインングに誘われましたが
母さんは応援だけにしておきました(笑)
写真は一緒に行った他のグループの添乗員さんがトライしているところです
残念ながら上までは登れませんでした。

船の中ではケーキ教室やタオルでつくる動物やいろいろな講習会もありますが
たいていは英語(笑)なので母さんは参加しないというか・・・できません(笑)

添乗員さんがツァーの人を集めて
簡単なラインダンスを教えてくれたり
いろいろなイベントをくんでくれるので
終日クルーズの4日間
暇でこまるような時間はありませんでした。

乗船して2日間終日クルーズ
バリ島観光2日とロンボク島観光の3日間
そして終日2日間のクルーズ
長いようであっという間のクルーズでした
(ジャワ島は桟橋工事の為、中止になりました)





posted by ぐうたら母さん at 00:20| 東京 ☁| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

憧れのバリ島クルーズ♪

                                   
P1010517.JPG
2012年のお正月はぴよぴよ夫婦に2匹を預けて
ふうと3人で近場の海外へでも考えていましたが
ふうのお休みの日程がなかなか合わず
話は流れてしましました。

ここで話は終わったと思っていた母さんですが
父さんが各社海外パンフレットを集めていた中に
『憧れのバリ島・ジャワ島クルーズ』11日間
をみつけていまいました(笑)

元々船旅が好きな父さんです
BSの『船の旅』も欠かさず見ています
母さんが行きたいと言っていたシンガポールもバリ島も入っています(困惑)

母さんは11日間もふうではなくて(爆)二匹とくにけんたが心配だと難癖をつけましたが
でもふうの『いっといで!』の優しい言葉で話は決まりました。

旅行会社に問い合わせたら残り六名・・・・内側三部屋と海側バルコニー付きのお部屋が一つ
この前のアジアンクルーズ3泊でもで内側のお部屋であっぱく感は否めなかったので
ちょっと贅沢ですが今回は八泊というlことでバルコニー付きのお部屋を申し込みました

クルーズ中に聞いた話では10月には内側のお部屋しか空いていなかったので
そこに申し込んだ方がいらっしゃいました。
キャンセルがあったのでしょうか?ラッキーかな?(笑)

詳しい説明もちゃんと読まずに申し込み
旅のしおりが来てびっくり!
カジュアル船なので軽く考えていたら・・・
メインダイニングでの夕食のドレスコードがフォーマル二回(イブニングドレス・着用)
セミフォーマル2回(ワンピース・スーツ)
えっ!きいていないよー(笑)です
イブニングドレスなんて持っていません(爆)
問い合わせたら結婚式にご招待された程度の服装で良いとのことです
取りあえずフォーマルとおしゃれなワンピースとスーツそれに合うバッグと靴
荷物に入れましたが荷物が膨大になりました’(笑)

クルーズ中は船長主催のウエルカムパーティと後一日フォーマルディだけで
スーツを着る機会はありませんでした(笑)
posted by ぐうたら母さん at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

ロンボク島♪

P1010491.JPG
クルーズ七日目20年前のバリ島といわれてるロンボク島観光です。
バリ島は満潮でしたので桟橋し停留しましたが
ロンボク島の桟橋は大型船は停留できないので
沖合いからテンダーボートでの上陸です。
島人が民族舞踊で歓迎してくれました。
03.jpgP1010501.JPGマジカルメーカー使用例
まず訪れたのはマチュラ(水の宮殿)
大きな堀に囲まれ真ん中にある柱と屋根だけの宮殿です
天井や柱はバリ彫刻で飾られ立派な建物でした。
外は日差しが強く暑かったですが
この水の宮殿に立つと涼しい風が吹いていました。

写真はメル寺院です
ロンボク島のヒンドゥ教の総本山で
1720年バリのカラヤン王子によって建てられたものです

ロンボク島はイスラム経徒も多く暮らしており
この日のガイドさんもイスラム経徒でした。
独学で日本語を修得してガイドになったそうです
友人の奥様が日本人なので教えてもらったり
日本の歌手のCDで覚えたそうです。イスラム経徒はお酒はご法度ですが
吉幾三さんの「酒よ」が大好きだそうです
今回歌詞カードをなくしたと言って歌ってもらえませんでした(笑)

子供のころ島は貧しく靴も買えない暮らしだったが
今はだいぶ豊かになったと話していました。
素朴な田舎の景色というところでした

ロンボク島は美しいビーチが有名なので
ベテラン添乗員さんが無理いって予定にないビーチに案内してくれました。
予定になかったので帰船がかなり遅くなり
メインダイニングの食事時間には間に合いませんでしたが
美しいビーチも見られたし予定にないお買い物タイムもありました(笑)

P1010514.JPGけんた家は昨日、ルピアを使い果たし(笑)
もう何も買えません。
昼食のビールもガイドさんに払ってもらい
日本円でお返ししました
ビール一杯約250円(笑)

このツァーみなさんなぜかアルコールを飲む方は少なく
毎回ビールやグラスワインを飲む私たちは
かなりのんべぇ夫婦と思われていたかもです。

昼間から飲むのは海外に旅行したときだけです〜
念のため!(爆)

写真は地元の人の交通手段、ミニアムという馬車です
posted by ぐうたら母さん at 13:57| 東京 ☔| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

憧れのバリ島クルーズ♪(バリ島お買い物. 編)

P1010589.JPG
このクルーズを申し込んだ時にはジャワ島のスマランに寄港し
世界遺産ポリドゥールの寺院に行く予定でした。
スマランの港が工事中で寄港できませんでした

他のツァー会社は朝バリ島から飛行機で観光した所もありましたが
私たちはバリ島観光が2日になりました。
ポリドゥール寺院へ行った方にきいた話では
遺跡はものすごく良かったのですが
ジャワの大雨で飛行機が飛ばず空港待機や
帰りも飛行機がなかなか飛ばず船に戻ったのは
夜中の11時過ぎで大変だったようです。

さて2日目の観光ですが
まずはチュルク村の銀製品の工場見学です
見学はほんのちょっとで(笑)あとはお買い物です
例の調子で父さんは中には入りません(爆)
母さんは銀のネックレスを覗いていたら
すかさず店員さんが1つ100万ルピア(約10000円)
2つ買ったら70万ルピアにすると言われました。

母さんは二つとも買うつもりがないので場所移動しました。
そしたら彼女追いかけてきて日本語で
『もっと安くします』(笑)
母さんインドネシアマネーがないからと断りましたが(笑)
カードでいいから・・・としつこい(笑)
カードは持っていないと嘘をつきました・・・・
いったんはあきらめたようですが
父さんと入り口近くのソファーで座っていたら
またまた彼女がやってきて
『60万ルピアではどうですか?いくらなら買いますか?』
なんだか必死です(笑)
一つ売るとマージンがはいるのかしら?(笑)
父さんが50万ルピアしかないからとお金を見せると
50万ルピアで良い・・・・言い出しました。
父さん、お昼にビールを飲むから40万ルピアしかださないと・・・・(笑)
さすが元商社マン!です
しぶしぶですが彼女は承知して買うことになりました。
すごくシンプルなシルバーのネックレスです
ペンダントヘッドはいくつか持っているのでで重宝かもしれません
10万ルピアが40万ルピア
値札がついていないのですごくふっかけられたかも・・・
普通の日本人なら2割か3割引けば買うのかもしれませんが
母さんは違いました(爆)

お昼からは雑貨やさんでお買い物です
今夜の夕食のドレスコードは『バリ島モード』です
バリで買ったものを身につけましょう!ということで
母さんはバリ風のカットソーをふうとぴよぴよと母さんに買いました
その他。おみやげを沢山かいました(笑)
いざ支払いとなったら
父さんカードを持ってきていません(爆)
母さんもお財布は船のセキュリlティボックスに入れたままです
父さんがカードは自分がもつから全部置いて行くように云われて
珍しく言うこときいた母さんです(爆)

支払いは日本円でも良いということで
こっそり持ってきたお金が役立ちました(笑)

もともとインドネシアルピアは1万円分(130万ルピア)しか両替しませんでした
100ルピアで約75円くらいです。
お昼のビールや飲み物に使うくららいです。
このあと市場へ行きましたがおみやげを日本円で買った
おつりのルピアが1000ルピアくらいがあるだけだと
思いました。
父さん違うポケットからルピアを取り出しました(爆)
あわせてもそんなにありません。
それでもお買い物です(爆)

ガイドさんに言い値の半分にはなるときいていたので
値段を聞いて、いらないと品物を置くと
どんどん安くなります(笑)
半値近くなったら二つかうからと交渉します(笑)
二つあわせてもはじめの値段より3割引きで購入してきました。
 
海外通貨は円に換算するとややこしくなるし(笑)
何十万ルピア?感覚がおかしくなります。
40万ルピアすごい買い物のようで

雑貨店と合わせても日本円で1万円も行っていません(笑)

posted by ぐうたら母さん at 23:03| 東京 ☁| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憧れのバリ島クルーズ♪(バリ島観光2)

P1010454.JPGP1010455.JPGP1010453.JPG

バリ島観光二日目です
チュックル村で銀細工の工場見学(この話は後で・・・)
ウブドモンキー・フォレスト見学です
昨日のお猿さんとは違って
かなり馴れ馴れしい(笑)おさるさんです
野生の猿とはいえ、かなり餌づけされていて
入り口にモンキーバナナを売っていましたが
エサをもつ観光客の肩に乗っておねだりしたりします(笑)
小さな赤ちゃんを連れているお猿さんもいました。
                     
 
P1010458.JPG ウブドのサレン・アグン宮殿
今でもバリ王族の住む宮殿です
バリ様式の彫刻のある建物で
中央の広場では
バリ伝統の舞踊があり観光客も見られるそうです。

昼食にインドネシア料理
『ナシチャンプルー』を食べました
どんなものか覚えていません(笑)

このあとネカ美術館でバリの画家たちの絵画鑑賞
そして雑貨店でお買い物(笑)です

夕方。船に戻り夕食を食べたあと
10時頃から9階プールサイドで
バリ出港パーティです。
バンドの曲に合わせてダンスパーティ♪
もちろん母さんたちは見ているだけです(笑)
    
posted by ぐうたら母さん at 22:21| 東京 🌁| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

憧れのバリ島クルーズ♪(バリ島編)

P1010400.JPGP1010405.JPG                      

1月16日二日間のクルーズを楽しんでいよいよバリ島上陸です
バリ島は日本の愛知県くらいの大きさで
ヒンドゥー教と仏教のお寺と美しいビーチが有名です
今回美しいビーチには行きませんでしたが
スマラプラ宮殿、ベサキ寺院、テイルテンプル寺院ウルワツ寺院
を見学してきました。
仏教徒がおおい島人でしたがその後ヒンヅゥ教がわたり
多くの寺院がたてられました。

ベザキ寺院はバリのヒンドゥ教の総本山で
ここにお参りするときは腰にサロン(腰巻きのようなもの)
をまくということでしたが
短パンの男の人だけ貸しサロンを巻いていました。

前日お寺参りするけど短パンで大丈夫かと
添乗員さんにきいた父さんですが
サロンを巻くことになりました。

バリ島案内のガイドさんもこの日は伝統的な民族衣装を着ていました
このガイドさん日本語がとても上手でした

P1010410.JPGP1010432.JPG

お昼はキンターニ高原でインドネシア料理のビュッフェでした
お料理はともかくコーヒーはインスタント、紅茶はティバッグ
それにポットのぬるいお湯にはびっくり!!
雨期で蒸し暑いバリ島でしたがこの高原は涼しい風は吹いていました。

昼食後テイルタテンプル寺院で
バリ島の伝統的な踊り『ケチャックダンス』を見学しました
ここには観光客のバッグの中をおそったり
めがねやネックレスを奪う悪戯な野生猿がいるので要注意です
父さんもめがねを外すようにガイドさんい言われていました。
ケチャックダンスが終わる頃にはすっかり日も暮れて
ビーチでのシーフードバーベキュウの時は
所々ロウソクがありましたが暗闇の中の食事でした(笑)

posted by ぐうたら母さん at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

憧れのバリ島クルーズ♪(シンガポール編)

P1010313.JPGP1010336.JPG
1月13日早朝シンガポールに到着しました。
町はまだ動いて(笑)いませんが11時半乗船までの観光です。
シンガポールと言えばマーライオンです
早朝にも関わらず観光客、それも中国人と思われる方たちでいっぱいです。
言葉がにぎやか?大声で目立つのでしょう(笑)

現代シンガポールの父といわれてる『ラッルズ郷』像です
ここの前で今回のツァーのグループ写真を撮りました。
最終日の昼食の時に廻ってくるはずが
なぜか私たちのテーブルには来ませんでした(笑)
もちろん買わないから良いのですが・・・・

『富の泉』
円形の噴水の周りを
水にさわりながら願い事を唱えて三周、
時計回りにまわると願い事が叶うと言われてるそうです
私は旅の安全と喧嘩をしないようにお願いしました(笑)

このあといよいよ『レジェンド・オブ・ザ・シー』に乗船です

posted by ぐうたら母さん at 13:47| 東京 ☁| Comment(0) | 憧れのバリ島クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする