2008年12月16日

今夜のフルーツは…(笑)

Image2341.jpg大好物の「ドラゴンフルーツ」
沖縄産は中身がピンクだけど
ベトナムのは中身が白い?灰色?(笑)
やはり甘味が足りない!食べ頃は何時だろう??
posted by ぐうたら母さん at 11:48| 東京 ☀| Comment(2) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

ベトナム旅行終えて・・・

昨夜遅く飛行機に乗り、さすがに疲れたらしく
みんなすぐ寝始めました。
1時間半遅く出発したのに成田着は20分遅れの7時半でした。
日本領域に入ると美しい海岸線が見られて
まるで地図の上を飛んでいるようでした(笑)
眼下には綿帽子をかぶった富士山が見られ
日本は美しい国だと再認識しました。
成田で無事税関も通過して日本国内に入った所で
羽田へ出て大阪に戻る兄夫婦やリムジンバスや電車で帰る二組の姉夫婦と
ここで別れました。
私たちは成田に車を置いていたので
行きと同じように長姉と次姉夫婦をのせて世田谷の長姉の家まで
送り届けて我が家に9時半過ぎに戻りました。
娘2人とけんたやシェリーが大歓迎してくれました(笑)

タクシーにぼられたりひったくりにあいそうになったり
いろいろな事がありましたが11人何事もなく健康で戻ってこれたのと
兄、姉夫婦達から2人のおかげで楽しい旅だったとお褒めの言葉を
いただきホット一安心です。

出かけるまでは大変(笑)でしたが
行って良かった!
二家族健康を害し参加出来ませんでしたが
出来れば兄姉全員でいけたら良かったと思う母さんでした。

今回もベトナムのニューさんのサポートがあり
楽しい旅ができたのはもちろんの事です。
たった3ヶ月我が家にいただけでこんなに長いつきあいになるなんて
思いませんでした(笑)
ニューさんが東京にいたときは出かけるのも
『ニューさん勉強です。一人でいっていらっしゃい!』
と突き放していた母さんでしたが
ベトナムでは『おんぶに抱っこ』の母さんでした(笑)

posted by ぐうたら母さん at 20:30| 東京 ☁| Comment(3) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム旅行☆四日目

KIF_0814.JPG12月6日(土)
朝、七時過ぎに二人で食事前にベンタン市場に買い物へ行って来ました。
まだ開いていないところありましたが
果物と乾物や父さんのみそ作りには欠かせない岩塩を買ってきました。
果物は片言の英語と日本語で買い求めましたが
やはり意志の疎通が取れず(笑)
ミルクフルーツと思ったものが違ったみたいです。
母さんは大好きなドラゴンフルーツを2つ買うつもりでしたが
父さんに一つに減らされて(笑)しまいました。
帰宅してから、その一つを会社のおみやげに持って行くと言いだし
きっちり(笑)断ったのは言うまでもありません(爆)
他にいろいろなものを買いたかったのですが
お互いにお互いがお金を持っているだろうと思い
手持ちが少なく(笑)それしか買えませんでした(笑)
その荷物を持ってレストランで朝食会場へ・・・・
行動の早い?私たちにまるで現地人のようだと
笑う兄達でした(笑)

IMG_2049.JPG
今日はまずはじめに『サイゴン大聖堂』を見学?お祈り?に
行って来ました。
土日は信者しか入れず一般公開はしていないようですが
クリスチャンである三男の兄夫婦の後について
にわかクリスチャンでお祈りしてきました。
19世紀フランス統治時代に建てられた教会で
『聖マリア教会』とも言われています。
いつもは外からだけでしたが中に初めて入りました。
荘厳な厳粛な気持ちになりました。
IMG_22191.JPGKIF_1058.JPG
教会の裏手が公園になっていてその向こう側にあるのが
『統一会堂』南ベトナム時代の大統領官邸です。
1886年フランス官僚のために建てられて
1962年爆撃の受けたため、後に再建されたようです
会議室、謁見室、大統領執務室などが見られます。
サイゴン陥落の時は当時の大統領が屋上からヘリコブターで脱出したところです。

まずは建物前で全員で記念撮影(笑)
隣にホテルで一緒だった愛知からのツアーがいました。
彼らには日本語のできるガイドがついていましたが
図々しく頼んだのですが
親切にも一緒に回って説明を聞いても良いと言ってくれました(笑)

日本が数々のODAでベトナムに援助しているので
そのお返し?だそうです(笑)
新しい空港、そして再来年着工の地下鉄も日本のODAだそうです。
彼の解りやすい説明と社会科の教師であった兄嫁さんの説明で
時代背景がよく分かりお勉強になりました(笑)
教師であった義姉は集合ごとに人数の確認をしていました。

建物の地下には南ベトナム政府の秘密軍事施設だったようで
迷路の様になっていて参謀室などがありました。

ここから普通に歩いて10分くらい『戦争証跡博物館』があります。
外は32度ギラギラ太陽、蒸し暑く
少しシルバーにはきついかと思いましたが
頑張って歩いてもらいました。
『戦争証跡博物館』はベトナム戦争の写真が沢山展示され
戦争の悲惨さを伝えています。
『ソンミー大虐殺』や米軍の北ベトナム絨毯爆撃や
枯れ葉剤による奇形児の写真、ホルマリン漬けなどがありました。
いかに戦争が愚かで痛々しいものか
アメリカの大統領にここに来て見てもらいたいものだと思いました。
10年前3年前と展示内容がちがいましたが
初めての時の衝撃は今でも忘れられません。
今回も重い気持ちになりました。
最後に今のベトナムの子供達の絵が『明るい未来』と題して
いろ鮮やかな絵だったのが救いでした。
KIF_1039.JPGIMG_2222.JPG
2005年の母さん        2008年少し老けた?やせた?(笑)

ここからドンコイ通りにある
レストラン『ベトナムハウス』まで三台のタクシーで移動しましたが
事件はここで起こりました(笑)
父さんは気づいていたようですがタクシーの車体に会社の名前も
電話番号もついていません。
タクシーに乗ってからイヤに流暢な日本語で話しかけ
日本で働いていたとも言っていました。
目的地に着いて代金を払おうとしたら
『前の車と一緒で言い』と言い出しました。
先発のタクシーの中でなにかもめています。
普通市内走るなら大体高くても3万ドンくらいなのに
10万ドン請求されました。
英語の達者な義兄は日本語と英語で『警察を呼べ』と叫んでいます。
そのうちに父さん達のタクシーも着き
ここでも13万ドン請求されています。
いつもよりメーターのまわりも早かったようです。
何か改造しているみたいです。
11人のシルバーパワーで騒ぎたてたら
前後5万ドンだけ受け取り
真ん中のタクシーは料金も受け取らずに発進していきました。
1万ドンはわすか60円です。
大した金額ではないのとベトナムを初めての人なら
そんなものかと払ってしまう額でしょう。
私たちは父さんが何度もベトナムに仕事に来ているので
相場を知っているので解ってしまいました。
日本人は黙って払うからと甘く見られたのかもしれません(笑)
3年前にも一レストランから帰るときにも、ぼられた経験があります。
この話をしていたので義兄もおかしいと気がついたみたいです。

こういう『くもすけ』タクシーを取りしまうためなにか
街の至る所に警察官?らしき人がたっていました。
ベトナム政府も観光都市として充分気をつけているみたいです。
こういった『くもすけ』はホテルのタクシー乗り場には並べませんので
タクシーに乗るときは大きなホテル前でのり
ボーイさんに行き先をチャント言ってもらうことをお奨めします。
ホテル前にいるボーイさんはたいていは片言の日本語が通じますし、
ガイドブックで指させば解るはずです。
善良なタクシーはちゃんと制服を着て車体に会社名が記入されています。
ほんの一握りの悪い運転手のために旅がイヤなものになるのは残念です。

IMG_2233.JPGKIF_1021.JPG
『ベトナムハウス』のランチです。 夕方のベンタン市場

昼食後は『ベンタン市場』まで10分くらい歩いて移動(笑)
市場の中でそれぞれ買い物してホテルに戻ってきました。
父さんは長姉と次姉の買い物につきあっていました。
母さんは市場の中はなれているので
今朝買えなかったものと娘達にシルクのパジャマを買ってきました。
香港で買ったものより品物が良くお安かったです(笑)
ホテルチェックアウトは18時で荷物をフロントに預け
ニューさんの案内で夕食に出かけました

夕食は『ベトナムB級?ディナー』(笑)
観光客はあまり行かない、現地の人が行くようなレストランです。
3年前にもニューさんに連れてきてもらいましたが
ベトナム語しか通じず彼女がいなかったらお手上げ?のところです(笑)
お値段も昨夜のソングーに比べたらすっとリーズナブルでも美味しいレストランです。
彼女は『ソングー』で食べたものと重ならないようにメニューを選んで頼んでくれました。
『蓮のサラダ』は酢が利いていてとても美味しく評判が良かったです。
母さんは『カニの脱皮したてもソフトシェル』の揚げ物をリクエストして
今回楽しみにしていたものを全部食べられました。
春雨のスープもキノコの炊き込みご飯も食べやすく
シルバーの姉や兄達にはベトナム料理は美味しい!と印象づけたようです。
海外に出ると食事が合わずいつもカップうどんを持参する兄も
今回は絶賛!してカップうどんはホテルに置いていくそうです(笑)
KIF_0909.JPGKIF_0839.JPG

ソフトシェルを揚げたもの           カニの揚げたもの


ホテルまで安全なタクシー6人乗りを2台呼んでもらい(笑)
夕食出かける前の預けた荷物を受け取り
21時頃に旅行会社の迎えのバスに乗り込みました。
楽しかった旅も終わりです。

24時発のANNに乗る予定でしたが飛行機が遅れて乗り込んだのは1時半過ぎでした(笑)
空港でもウインドーショッピング?買い物にいそしむ姉たち。
さすがにイスに座り寝始める兄達でありました。
お店を見ていると余ったドルで化粧品を買いあさってしまいそうなので(笑)
父さんと私は待ち時間を利用して『フットマッツサージ』して来ました。
気持ちが良くて寝てしまい『終了です』と起こされてしまいました(笑)

かなり遅くなりましたが飛行機にのり
バタンキューで寝込む母さんでした(笑)
posted by ぐうたら母さん at 15:10| 東京 ☁| Comment(0) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

今夜は…(笑)

Image2321.jpgマンゴシチィです。白い部分をたべます。
初めて食べたのは12年前最初の研修生が持って来てくれました。
もっと甘かった筈ですが(笑)
やはり時期は四月頃なのかしら?
posted by ぐうたら母さん at 20:06| 東京 ☀| Comment(2) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム旅行☆三日目

12月5日(金)
今日はメコン川のデルタ地帯にあるミトーのフルーツアイランド.
タイソン島を見学にいきました。
今朝は八時にホテルを出発、
バスの中は修学旅行の学生の様に賑やかなシルバー男性軍(笑)
日本経済からサブプライズ問題、どこぞの(笑)の国のKY首相の事
家族(孫)の話と話題はつきません(笑)
母さんは朝早く起きて父さんとホーチミンの町を1時間半、歩いたので
バスの中は寝て行くつもりでしたが寝られません(笑)
ミトーまでの一時間半
きっとみんな寝ると思っていましたが
恐るべし!シルバーパワーです(笑)

ミトーからクルーズ船?(一応エンジン付きの小舟)に乗り
メコンデルタにあるタイソン島に渡りました。

KIF_0934.JPG前回2回ともアオザイを着たベトナム美女が流暢な日本語で
案内してくれましたが
今回は会社が違ったので変な日本語のオジサンでした。
このオジサン失礼?なかたで
我々を『おじいちゃん、おばあちゃん』と呼ぶのです(笑)
まあ平均年齢70才のシルバー隊ですが
せめて『お父さん、お母さん』くらいにしてほしかったかな(爆)

会社が違うのでタイソン島への上陸場所も違い
ココナツキャラメル工場やライスペーパー工場も
いつも見る場所ではありませんでした。
IMG_2194.JPGIMG_2199.JPGKIF_0957.JPG
果物の木の説明を聞きながら
休憩場所で
『マンゴ』『パイナップル』『バナナ』『ドラゴンフルーツ』などの
試食をしてきました。
初めてドラゴンフルーツがなっているところ見ました。
IMG_2206.JPG
最後は小さな船で運河クルーズをしました。
天然のジャングルクルーズです。
途中ワニも何もでてきません。
運河は水椰子に葉に覆われてちょっと冒険気分があじわえます。

シルバー隊出発です(笑)




KIF_0984.JPGKIF_0989.JPGKIF_0991.JPG
お昼はミトーに戻ってレストランへ・・・
今回の旅一番の楽しみの
エレファントフィシュ(像の耳の魚)といわれてる
魚の揚げたものをライスペーパーで包んだもの
『手長エビ』の焼いたものとお餅をを揚げたものを食べました。
ここでも母さんは男性に混じってビールを飲みました。
KIF_0888.JPGベトナムのビールは軽くて飲みやすく
『バーバーバー』と読みます。
1.2.3のモー.ハイ.バーのバーです
バドワイザーに近い味です。

帰りも元気な賑やかな男性達
さすがに女性達は寝始めました(笑)

ホテルに3時過ぎに戻ってきたので
ドンコイ通りの雑貨屋さん巡りをしに出かけました。
お店に入ったきりいっこうに出てこない女性軍にあきれて
男性達は町を散策、サイゴン川を見に行き
一時間半して戻って来ても
まだ女性達の買い物は終わらず
あきれる男性達でした(笑)
私は三度目になると買うものもなく(笑)
自分へのご褒美にヒスイのピアスを買い
義姉達の買い物につきあっていました(笑)
六時にレストランを予約していたので時間切れで戻って来ました。
KIF_0890.JPGKIF_0838.JPGKIF_0900.JPG

今夜は典型的な『ベトナム料理』
ガイドブックに載っている『ソングーレストラン』です。
『生春巻き』『揚げ春巻きのチャウゾー』『ベトナム風ちくわ』
代表的なベトナム料理を食べました。
ここで食べる大きなシャコの焼いたものや
ニンニクで味を付けたものはお奨め品です(笑)
今夜はニューさんが仕事でつきあえませんでしたが
日本人だけでも安心していけるお店です。
ニューさんに予約してもらったので完全個室で
安心して食べられました。
ベトナムのレストランはお酒の持ち込みがほとんどokなので
日本酒と焼酎を飲む父さん達
母さんはワインを注文しましたが・・・・・
あまりお奨めできるものではありませんでした(笑)
こちらではあまりワインは飲まれないようです。
義姉たちはいつもお茶だけでした(笑)

食後年長者はタクシーで
若者?はホテルまで二〇分くらいなので歩くことになり
一番年上の姉が歩くと言いだし
夜の街はオートバイなど危ないので
無理矢理タクシーに乗せる母さんでした(笑)

ワインなど飲んでポーとしていたせいでしょうか
後ろから来たオートバイにバックの紐を捕まれ
あわゆく、ひったくりに会うところでした(笑)
バックをたすき掛けにしていたのと
すぐ気がつき、バックを抱え込んで
『オーノー』と叫んだら相手は手を離しました。
母さんの重量体?で引きずられることもなく
けがも無く済みました(笑)

義姉達にはオートバイによるひったくりや
市場でのスリに充分きをつけるように
言っていた母さんがとんだドジをするところでした(笑)

ニューさんの話ではオートバイによる『ひったくり』や『すり』が横行していて
やはりねらわれるのは日本の女性みたいです。
観光で大きな収入を得ている国なので
安心して訪ねられるように日本領事館でも働きかけているようです。
日本女性は欧米の人より小さくか細いのでねらいやすいのかもしれません。
それにしても母さんの大きな身体で助かりました(爆)

ホテルに帰ってシャワーを浴びバタンキューでベットに潜り込む母さんでした。
元気のよい60代の男性3人は夜の街にマッサージに行くと出ていきました。
帰ってきた時は母さんは高いびき・・・・
もう少しで父さんを閉め出すところでした(笑)

一部画像は2005年の時のものです
明日は市内観光と買い物です(笑)
posted by ぐうたら母さん at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ミルクフルーツ

Image2301.jpgImage2311.jpgベトナムからミルクフルーツだと思って買ってきたけど違ったみたい(笑)ミルクフルーツならばもむとミルクのような汁がでるはずだけど出ません。これはこれで美味しい♪
posted by ぐうたら母さん at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

ベトナム旅行☆二日目

2008年12月4日(木)
夕べ遅くついたので本日はゆっくりスタートを考えていました。
しかし、シルバーのみなさんは朝は早起きです!(笑)
中には日本時間の6時から目さめて睡眠時間は2〜3時間の方も
いたみたいです。
時差は2時間、ベトナムの方が2時間早いです。
それそれ朝食を自由に済ませて9時にロビーに待ち合わせしました
八時頃朝食を食べに出かけたら
もうロビーにスタンバイの兄夫婦がいました(笑)

今日はホーチミンから南に70kmのクチトンネル見学です。
ベトナム戦争時、北のベトナム解放軍の拠点がおかれ
地下にトンネルを張り巡らせて司令部や会議室や病院
そして戦争が激しくなると村人もこの地下で暮らしていました。
米軍の不発弾から手製の爆弾を作ったり
竹槍を落とし穴に仕掛けたり村人総出のゲリラ戦がくり広がれました。

全長250Kの長さのトンネルの一部だけ現在公開されていて
体験出来ます。
私は何回か入っているので今回はパス!しました(笑)
何人かの兄や姉達はトンネル内に入っていきました。
中は真っ暗で中腰になり
場所に寄っては四つん這いになって進みます。
ガイドがこれ以上無理というところで戻ってきました。
79才になる義姉の旦那様がトンネル内に入りたがり
義姉に止められる一幕もありました(笑)
この義兄、足腰は元気ですが
少し膝に問題?があり少し心配でしたが
本人は少しだけトンネルにトライして満足したようでした(笑)

IMG_2175.JPGIMG_2176.JPGIMG_2177.JPG

穴の大きさは30×40cmの大きさです(ガスライターがわかりますか?)
小柄なベトナム人はすっぽり入れますが
大柄なアメリカ人は入れません
ふたをして落ち葉を乗せてしまえば入り口がどこかわかりません。
こういう穴がいくつもありまるでもぐらが顔出すように
ゲリラ活動をしていたようです。
観光用のトンネルの入り口はチャント階段もついていて
入り安いようにしてあります。

クチを見学したあとに
ベトナムに住む華僑の町『チョロン』でお昼をたべて
チョロンの市場『ビンタッン市場』を見学の予定でしたが
思ったよりクチ見学に時間がかかり2時半すぎに昼食を食べる事になりました。
チョロンの『ビンタッン市場』は観光市場と違い
少し怖い?スリも多いと聞いていたので
はやりシルバー隊には無理なので取りやめにしました。
ここで黒こしょうを安く手に入れるつもりでしたが
ホーチミンの『ベンタン市場』で買うことにしました。
ちなみにホーチミンで買っても1キロ8万ドン(480円くらい)(笑)
それをみんなでまとめて5K買うことでかなり負けさせました(爆)
ちなみにお昼食べたものは前回、チョロンで食べたものと
全く一緒でした(笑)

4時過ぎにホテルに戻ってきて
元気のある人だけで『ベンタン市場』を見学に行きました。
この市場はある種観光市場で
片言の日本語が通じるところがあります。
『お姉さん〜安くするよ!』と声をかけられたり
メインの通りは大丈夫ですが
横道に入ると腕を捕まれたりする事もあります。
みんなには注意したのですが
最終日、母さんは一人で買い物していたら
腕をつかまれTシャツを2枚八ドルで売りつけられ
サイズがLでもものすごく大きいものをつかまされてしまいました(笑)
夏のパジャマ代わりにはなりそうです(爆)
中はドンキホーテのように商品は積み上げられ
食品や衣料、食器、おみやげ品何でも手に入ります。
私たちは内緒(笑)で果物を少々バッグに忍ばせてきました。

夕食が我が家に三ヶ月ホームステイしていた研修生のニューさんに
今ベトナムで流行っているキノコ鍋に案内してもらいました。
夕食が一番心配でしたが今夜と土曜日は彼女がつきあってくれるので
安心して美味しいものを満喫する母さんでした(笑)
ニューさんは今は日本領事館で働いていて
我が家にいた頃より日本語も上手になっていました(笑)

http://kentadaichi.seesaa.net/category/1993628-1.html
2005年ベトナム旅行
posted by ぐうたら母さん at 14:36| 東京 ☀| Comment(0) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

ベトナム旅行☆序章(笑)

2008年12月3日
この春、けんた父の兄.姉夫婦七家族と食事会で
ベトナムの話がでてみんなで出かける話で盛り上がりました。
正直母さんは『えっえぇ・・・ウソォ!』と渋い顔
思いっきりテンション下がりまくりです(爆)
またベトナム・・・・・3回目です。
見るところはまたまた同じです
まして今回は79才以下のシルバーツアーです(笑)
10年ぶりの海外の人もいます。

毎年でる国内旅行の話も
いつか立ち消えになるので
今回も流れるかと思っていましたが・・・・
とうとう本格的な話になってしまいました(笑)

さて1ヶ月前からテンション下がり気味の母さんは
とうとう3日前に胃が重く痛み、寝込んでしまいました(笑)
出発するまでお粥しか食べられず
おまけに口内炎もでき肌はガサガサ・・・・
とんだ旅のスタートになりました(笑)

『風邪薬』『胃薬』『正露丸』『歯痛薬』そして『蕁麻疹の薬』と
まるで富山の薬売りのように持参いたしました。

おかげさまで機内食も美味しく食べられ気分は上々♪
ベトナムについた頃はルンルンになりました(笑)

機内でベトナム入国のための書類が配られ
まずは父さんが見本を書いて
後ろの姉達に回しました。
それをそっくり名前まで
書き写した人がいて
これから先が思いやられる二人でした(爆)

ベトナム空港は新しくなり入国手続きも
前回に比べるとスムーズにすみました
外へ出ると空港前の広場には人人・・・・
その多さにみんなはびっくりです!
建物中には空港利用者しか入れませんので
出迎えの人は外で待っています。
いつも思うのですが
それにしてもすごい人でした。

空港からホテルまでの20分
私たちの乗る旅行会社のミニバスの周りには
ベトナム名物?オートバイが沢山!
その数と一台に3人.4人乗りに
交通ルールは全くなし
横は入りはもちろん
バスの前を平気で横切るオートバイに
驚くシルバー達でした(笑)
それでもヘルメットは義務づけられたみたいで
みんなかぶっていました。

18時半に成田をでて24時半(現地時間22時半)
なんとか無事にホテルにチェックインできました。

2005年のベトナム旅行と重複しますが
写真を参考にしていただけたらと思います。
http://kentadaichi.seesaa.net/category/1993628-1.html

posted by ぐうたら母さん at 22:35| 東京 ☔| Comment(0) | 2008年ベトナム旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする