2010年03月06日

タイ旅行4(2月27日)

P1000193.JPGP1000198.JPG
電車市場

タイ4日目、朝七持半までに朝食をすませて荷物をまとめて
ホテルをチェックアウトです。
大きなバックで中はスカスカで来たので荷物は楽勝に治まりました。
というよりあまりかさばる買い物はしませんでした(笑)
帰りの飛行機の中で冬物に着替えるので
それだけ機内持ち込めるバックにいれて荷物はホテルに預けて出発です。

今日はTVでみたことのある電車市場と水上市場見学です
電車市場は線路をはさみ両側に市場がたち
生魚や乾物、生活用品の市場があります
土曜日で凄くにぎわっていました。
日に4本電車がこの先の終点駅に来るたびに
市場にかかるビニールの屋根があっという間に畳まれ
品物もしまわれます。

P1000196.JPGP1000197.JPG
凄い!目の前を電車が通ります。
徐行していますが、迫力満点!です
ちょうど、来る前にTVでみたばかりで『ここなんだぁ〜』と感激です(笑)
P1000204.JPGP1000210.JPG
このあとは水上マーケットです。
マーケット見学の前に運河をモーターボードでクルージング♪
モーターボートといっても小舟にモーターがついている程度です
ツアーごとにのりますが前の組は6人くらいで乗っていましたが
私たちは2人だけです(笑)
あと何人も乗船を待っているのに悪いみたいです〜
結構なスピードではしり、水しぶきをあびながらのクルージングでした。

P1000216.JPG次に小舟に乗り換えて水上マーケットで買い物ができますが
母さんたちはパス!(笑)
もうバーツも残り少なくなり写真だけ撮って出発しました。
バンコク市内にもどり昨日のニューハーフショーのホテルで飲茶の昼食でした。
昼食後、免税店に案内されましたが見るモノ買い物もはなし!(笑)
免税店が終わったらホテルにもどり自由時間といわれましたが
ここで散会!と提案して夕方5時半にホテルのロビーで待ち合わせしました。
免税店を10分ででて。またまたBTSにのりサラディーンへ・・・
もう乗り慣れたものです(笑)



2千円だけバーツにかえて、またまたマッサージへ
父さんはタイ古式マッサージ
母さんは全身マッサージは嫌なので足つぼにしました。
男性のマッサージ師と奥へ行く父さん
しばらくすると男性がもどって来ました〜
女性にチェンジ!と要求したらしいです。
何を考えているんでしょう!!ふらふら
私はその男性に足つぼマッサージを受けました
なんだか男性でいやだな〜と思いましたが
3日間で一番上手でしたわーい(嬉しい顔)

P1000240.JPG夕食は川辺のマリオットリゾートホテルで
タイの古式舞踊を見ながらの
シーフードバーベキュービュッフェでした。
またまた一番にはいりゆっくり食べて
ショーを楽しんで
このあと、空港へ
タイ豪華旅行は終わりとなりました。
posted by ぐうたら母さん at 14:38| 東京 ☁| Comment(4) | 2010タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

タイ旅行3(2月26日)

P1000093.JPGタイ3日目、朝七時くらいにようやく空が明け始め
ビルの谷間からきれいな朝日が出てきました。
今日は一日自由行動なのでゆっくり起きるつもりでしたが
母さんは現地時間7時には起きていました。
タイと日本では2時間の時差があるので
連日タイ時間5時には目覚めていた母さんです。
毎日15000歩以上に歩きまわり
さすがにちょっと疲れた〜(笑)

朝食後BS放送でフィギアのフリーをやっていたのでしばらく観戦♪
鈴木さんの演技をみたところで出掛けることにしました。
BTSを乗り継いで『トム・ジプソンの家』へ行ってみました。
方向音痴で地図も読めない母さんなので
父さんに着いて行くのみです(笑)
いまいち(笑)信用しきれないけんた父です。
やっぱりBTSで逆方向にのり、母さんが読めない英語の駅名を
なんとか読んで気がつきました(笑)
道にも迷ったけれど(笑)どうにか到着です。

トム・ジプソンはアメリカ人の建築家で
タイには第二次大戦のあと情報将校として派遣されましたが
タイシルクに興味をもちデザイナーとしてタイシルクの染色・プリントを産みだし
タイシルクの名を世界に広めました(案内のプリントより)

トムジプソンのシルクの店はサラデーンの町中にもありますが
こちらは本店でシルクのシャツをぴよぴよを含めた家族に買いました。
もちろん婿殿にもネクタイを買ってきました〜
出発前にぴよぴよに彼のネクタイを携帯で画像を送ってもらい
好みにあっったものを選びました。
渡す前に写真をとれば良かった!(笑)

このあと町をブラブラしてもお腹は空きませんが
何か食べようと迷いましたが
結局1時すぎにマクドナルドで食べることに・・・・
身振り手振り指さしでナントカ注文しました。
品物受け取るとみんな開いて何かをかけていますが
多分辛いソースだと思います。
やはり微妙に味が違います(笑)

昨日行ったマッサージ店が感じが良かったのでまたまたマッサージです。
お店選びは外から中が良く見えることと台?イス?がたくさんある事です
今回は父さんがタイ古式マッサージ
そして母さんはフェイシャルエステ?美顔術に挑戦(笑)
高級店ではないのですごーくリーズナブルです。
それに足つぼと同じ所なので安心です。
個室ではちょっと怖いから・・・(笑)
しっかりバッグをお腹に抱えていました(爆)
バッグの中はお化粧道具とデジカメ&老眼鏡←めったに使いません!(爆)
お財布はもたずにスリにあわないように
現金は少量直接ズボンのポケットに・・・・
そしてカードはバックの中のチャックの中に・・・
これ父さんの持論です(笑)
それも少額で迷ったりはぐれた時にホテルまで帰れる程度です。
これも先日の外国人の事があり、持たされました(笑)
それなので何を買うのでも
チップを渡すのも父さんからもらわなくてはなりません(笑)
お土産店ではいくらか持たされて
父さんは外でタバコを吸って待っています(笑)

夕食はソンブーでタイの蟹カレーを食べる予定でしたが
辛いモノは苦手な母さんです。
昨夜の辛さがダメならとうてい無理だろうということで
日本食を食べることになりました。
父さんがタイに出張で来たことがある日本食店で豚カツを食べました(笑)
冷凍?枝まめやお新香、みそ汁がついていてなぜかホッした瞬間でした(爆)
食後は父さんが楽しみ?にしていた『おかまショー!』です
ガイドさんに予約してもらったホテルに行き
結構楽しめました。
P1000156.JPGP1000186.JPG

P1000188.JPG凄い美人もいれば、コミカルなニューハーフショーもあります
お客さんの国にあわせた構成になっていて
日本は『川の流れ』(赤い洋服の人)とコミカルな芸者ワルツでした(笑)
韓国のアリアランがとてもきれいでした〜
なぜか外国にでると見る『おかまショー』
ベトナムではみませんでしたがハワイでもアジンクルーズの船の中でも・・・
父さんそっちの方ではありませんけどね!(爆)

ショーが終わったら記念撮影に応じてくれます〜
もちろんチップもね!(爆)

あしたいよいよ最終日、水上マーケット見学です。
posted by ぐうたら母さん at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | 2010タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

タイ旅行2(2月25日)

P1000121.JPGP1000117.JPG
アユタヤ遺跡               ワット・プラ・マハート

タイ2日目はバンコクから車で約1時間のアユタヤ世界遺産の旅です。
昨日はたくさん歩いたし.お酒もちょっぴっり?飲んだのでゆっくり眠られましたが
行きの車の中ではずっと寝ていた母さんです。
ガイドさんもなにやら運転手と話していましたが
そのうちにぐーぐー寝ていました(笑)

アユタヤ王朝第26代のプラザード.ドン王が建て歴代の王が離宮とした
バンパイヤー宮殿を見学しました。
中は広大な土地で電気自動車で移動を勧められましたが
けんた父の『歩く!』の一言で気温34度の炎天かの中
約1時間の散策でした(笑)
ガイドさんも私も日傘をさして頑張りました〜

お昼にアユタヤ地方の郷土料理を食べましたが
時間も早かった(11時半)ですが。広いレストランに私たちだけです(笑)
日本語の達者なボーイ?さんにマンゴシチーンの焼酎をサービスされ
母さんがトイレに行っている間にしっかり買わされるけんた父でした
このボーイさん(推定40代?)日本人で恋に破れて(笑)タイにきて10年だそうです。
聞いてもいないのにべらべら話してくれました(笑)

前から行きたかったアユタヤです
ゆっくり堪能して見てきました。
アユタヤの遺跡の仏塔や建物はほとんど17世紀にビルマ軍との戦いで破壊され
仏像のほとんどは見せしめの為に首を落とされたそうです
そしてそのほとんどがヨーロッパに持ちだされているそうです。
中には修復されて新しい仏像の顔を載せられているものもありました。

日本の若者達が壊れた大きな仏像の台座に座り写真を撮っていて
警備員に注意されるという情けない事がありました。
もっとその国の文化や遺跡に対する礼儀をわきまえて欲しいモノです

アユタヤで来年の年賀状用に何枚か2人の写真をと思い
ワット・プラ・マハートの慈悲深い表情の仏頭の前でも撮ってきました。

アユタヤの遺跡をあとにするときに英語を話す欧米人に声をかけられ
ガイドさんが対応していましたが
どうやら乗ってきた観光バスに置いて行かれたようです。
持ち合わせのバーツ(タイ通貨)も少なくタクシーにも乗れず困っているようでした。
車に同乗してインフォメーションセンターまで連れて行くことになりました。
どうやらドルは持っているようです。
彼女は車に乗り、英語で私たちにお礼を(たぶん!)言っているようでしたが
母さんは『アイ、キャントスピエーク イングリシュ ソオリー』を笑って答えるのみです(爆)
欧米のツァーに参加した友人が集合時間に間に合わなければ
バスは待たずに出発してしまうと聞いたことがありますが
本当なんだ!と思いました。
日本のツァーは来るまで待っているし
ガイドさんが探しに行くこともしばしばあります。
なんと優しいツァーだと再認識しました。

P1000130.JPGこの後父さんと母さんはゾウにのってみることにして
アユタヤ遺跡の外壁の外を20分くらいゾウにのって散歩しました。
結構ダイナミックにゆれて、しっかり捕まってしまいました。
途中後ろから一人なんだかわからない人がついてきて
ゾウ使いと話しています。
景色の良いところでその人がデジカメを撮ってくれましたが
チップをしっかり要求されました(笑)
その後も何回か『写す』と言われましたが
しっかり断るけんた父でした(笑)
それならオフシャルな写真(300バーツ)は
購入申し込みしなかったのに・・・と思う母さんです(笑)

夕食はバンコク市内にもどり
タイ料理の名店『マンゴツリー」』でした
5時半から夕食で時間ははやいです(笑)

結構辛いモノが多く苦手な母さんにはウーーン!
でもけんた父は大満足でした(笑)
昨日のコカレストランの隣で大体の位地というか地理がわjかります。
またまた、レストラン前で自由行動にしてもらい
戸惑うガイドさんに『大丈夫、BTSで帰れるから・・・』と勝手をいう父さんと私です(笑)
この後、昨日とは違うマッサージ店に行き
足つぼマッサージをするけんた父と母でした(笑)
帰りにセブンイレブンで緑茶とジュースを買いましたが
台湾と同様あまーい緑茶でがっくり!でした。

ホテルに毎日ミネラルウォーター2本がつきますが
それでインスタントのコーヒーを飲む母さんでした。
ミネラルウォーターで氷を作ってウィスキーを飲んだり
父さんが薬を飲んだり結構、重宝しました。

明日は一日自由行動です。
posted by ぐうたら母さん at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | 2010タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

タイ旅行1(2月23〜24日)

2月23日夕方成田発ANNでタイへ
今回はけんた父が母さんをビジネスクラスに乗せたい(笑)という
コンセプトでちょっと贅沢な旅でした。
ビジネスクラスの中には他のツァー客らし人は
1組か2組?いるかな〜と考えていましたが
タイの空港でガイドさんが迎えてくれたのは私たちだけ・・・・(笑)
次の日からは他のツァーと一緒の行動になるかと思ったら
ずっと私たち夫婦にガイドと運転手だけです。
残念ながら(笑)リムジンではなくてト●タのワゴン車です(爆)
でも誰にも遠慮せず?にまるで個人旅行のようにゆっくりと旅を楽しみました(笑)

出発前にホテルもガイドブックに載ってないのでどんなとこ?と
心配しましたが中心部に近く豪華!なお部屋です。
ダイニングキッチンとリビング、寝室、
エビさまほどではありませんが(笑)広いバスルーム
それとは別にシャワールーム
洗濯機まで着いていました。
もしかしてぴよぴよの家より広いスペースです(爆)
P1000037.JPGP1000073.JPG
王宮とワットプラケオ           ワットポーの涅槃仏

タイ一日目は王宮とワッツトプラケオ(エメラルド寺院)涅槃仏で有名なワットポー
そしてワットアルーン(暁の寺院)を見学しました。
タイは何処へ行っても金ぴかの寺院で日本の寺院と違いきれいです。
敬虔な仏教徒であるタイの人々はお寺を大事にしていて
お参りの仕方も日本とはだいぶ違いました。
お堂に入るときは脱帽、靴をぬぎカメラやビデオは必ず鞄の中へ・・・・
涅槃仏だけは写真撮影が許されました。

P1000058.JPGP1000062.JPG

チャオプラヤー川面にある『暁の寺院』は色鮮やかな陶器片のモザイクでできていた
5年がかりで建造された仏塔です
仏塔の途中まで急な階段を登るとバンコク市内が一望できました。
『行きはよいよい』 帰りは足がすくむような階段です(笑)
一日目だったのでトライしましたが
それ以降だったらパス!したかもしれません(笑)
お昼はタイ料理のバイキング・・・・
朝食もバイキングでしたのでカロリー制限なぞ気にせず食べまくる二人です(笑)
帰国して体重計にのって後悔しました〜(爆)

昼食後はツアーおきまりの宝石&お土産店めぐりです
何せ、二人だけのツァー
宝石工場?直営店の中では3人のおつき(笑)がべったり・・・ふらふら
ちょっと目の保養をしていれば
『イカガデスカ?オニアイデス』を勧める!すすめる。
最初はかわしていた母さんですがとうとう手中におさまり
自分への誕生日プレゼントと称してついにお買いあげ♪わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
そしてら『娘さんにいかが?』
娘はいないと断る母さん(笑)
今度は『お嫁さんに?』
嫁には買いません!ちっ(怒った顔)と答える母さん!
このおつきの3人、民芸品コーナーまでついて来てアレコレ世話をやきます。
逃げるようにお店をでてきました(笑)
このあとシルクのお店にも行きましたが
予定は50分でしたが10分で出てきてガイドさんもびっくり!(笑)
P1000083.JPGP1000084.JPG
ホテルに戻って2時間の休憩で夕食のレストランへ案内と言われたので
ホテル近くのBTS(モノレール)にのって繁華街サラデーンまで視察に・・・
二人で町を散策、そして『足つぼマッサージ』をして帰ってきました

今夜の食事は今までいたサラデーンの『コカレストラン』でタイ・スキのお鍋です
二人でたらふく食べて食後ナイトマーケットに行きたいので
そこまで送ってもらいホテルまではタクシーで帰りました。
ガイドさんは明日はたくさん歩くので明日晩にしたほうが良いと言っていましたが
今夜行く!と言い張るけんた父でした(笑)
ガイドさんはタクシーにもぼられないように・・・・迷わないように(笑)
乗る場所から方向までちゃんと教えてくれて
タイ語でホテル名をメモに書いてもらいましたが
タクシーが止まったのは隣のホテルでした(笑)
そこからちゃんと歩いて帰ってきましたよ〜
posted by ぐうたら母さん at 14:16| 東京 ☁| Comment(0) | 2010タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする